新商品を作るには段階を踏んでいった方がいいそうです。
まずはお客様のニーズを考える。
ライフスタイルや流行、社会の動向、町に出て観察したり、潜在的にどんなものを求めているかを考えるのも必要だそうです。
競合店を調査するというのも大切だそうです。
お歳暮の場合、競合は専門店だけじゃありません。競合店は近所のお店や大手スーパーやコンビニも競合していると考えていいと思います。
ハムであればそのハム業界のヒット、人気商品などを押さえておくことも大切だそうです。
直接お客様の情報を入手するという方法もあるそうです。
SNSでお客様の声を募集したり、ネットの口コミサイトを利用するのもいいと思います。
そして差別化できるものを探すというのはとても大事です。
国内外を問わずハムやソーセージについての情報を探して欲しいと思います。
ニッチな食材を選ぶのも大切だそうです。
その食材を見つけたら、それを活かせる調理方法やアイディアを考えることが大切だそうです。
その料理の形やそれを盛る器、そして盛り付け方を研究して欲しいそうです。
だいたいの形が決まったら、試作を繰り返して欲しいそうです。
ここでこの料理の利益を見極めないといけないそうです。
利益を出すというのは、盛り付けにお金がかかりすぎたり、従業員が提供するときに時間を取るなども考えて行かないといけないと思います。
だいたいの形が決まったら、試食会を開くといいそうです。
お店関係の人たちはもちろん、お客様、また一般の人たちに食べてもらうということもしたらいいそうです。
試食をしてもらって意見をもらいながら、また商品を完成していくといいそうです。
そして差別化商品としてテスト販売をしてみるそうです。
予算が少なくともネットやSNSを駆使してみるといいそうです。
最近ではインフルエンサーへの商品提供も増えているそうです。

ハムのお歳暮もこうしたSNSや口コミを利用して商品の差別化を図れば、競合他社と差がつくかもしれませんね。