勝ち組と言われる店も日々新しい商品を開発したりしているようです。
デパートの食料品売り場を眺めてみると、季節ごとにテーマを変えた商品を出したり、ハムやソーセージなどのお惣菜の新商品を作ったりと、行くたびにお客様の興味を引くような新商品開発をしていると思います。
また洋食屋も季節によってラインナップは違いますし、ファミレスは常に新商品を作っているように感じます。
新商品の開発はいかに利益がでるかということを考えなければならないと思います。
経営ということを考えると、利益を第一に考えなければならないと思います。
原価が低くて、手間がかからないこと、ロスが少ないことも大切です。さらにたくさんの利益が見込めるものを作っていかなければならないと思います。
いくらヒットしても、採算度外視でやっていては店の経営は傾いてしまうと思います。
高い利益を出しながらお客様に満足してもらえるものを作っていかないといけないと思います。
営業する際のコンセプトを重要視しなければならないそうです。
そこで経営は現状どうなっているのかを分析しなければならないそうです。
売上が悪いのか、原価が高いのか、利益が減っているのか、オペレーションの混乱というのもあるかと思います。
時代によって原価が高騰したり安価になったりしますし、そもそも売れないという問題かもしれません。利益が減っているのは、原価の高騰もあれば、値引きをしたり破棄したりしているのかもしれません。
また、人件費を削るために人を減らして、商品を作るのが難しくなったのかもしれません。
これらをクリアできる新商品を作る前に考えてほしいのは、サイトや商品説明のリニューアルだといいます。
サイトへの載せ方次第で解消できる問題もあるかと思います。

ソーセージやハムのお歳暮なども、新商品の開発やサイトの魅せ方を工夫することで、よりお客様から選ばれる商品となるのではないでしょうか。