新商品開発は腕自慢ではない

新商品を考えるときに、自分の腕の見せどころとばかりに趣味に偏った商品を作る人がいるそうです。
お客様がほしいものを出さなければ飲食店は潰れてしまいます。
自分本位の商品づくりをするのは避けなければならないそうです。
利益を上げたければ、お客様を満足させることが第一だそうです。
自分のお店のお客様はどんなタイプなのか、彼らのニーズはどのようなものなのかを考えなければならないそうです。
商売をするなら、お客様の側に立つということを忘れないようにしなければならないでしょう。
店の成功は商品にかかっているとおもいます。
集客も利益も、商品次第だと思います。
経営というものを考えた上で、利益をどうすれば上げることができるかを考えていくことが大事だそうです。
商品に求められるのは、売上が増えること、お客様に来てもらうこと、収益をあげること、他の店との差別化というものがあるかと思います。
また経営改革なども経営上の重要な問題だと言えると思います。
年間を通して提供する商品と、季節、月と提供するものを違えるというのもいいかと思います。
目先を変えるというのも大切なことのようです。
スポット商品を作るときは、店の雰囲気から外れないようなものにした方がいいようです。
最近では老舗の肉屋などが、ハムやソーセージをベースを商品の中心にしたレストランに乗り出したりしているところもあるそうです。
勝ち組と呼ばれる老舗の企業でも、新しい商品を開発したり、提供の仕方を変えたりしているようです。
また、ハムやソーセージに特化した老舗企業も、ハムのお歳暮の開発に乗り出しているところもあるのではないでしょうか。

工夫次第では定番となったハムのお歳暮も、まだまだ売り上げを上げることだってできると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です