保存食を手作りする際のルール

古来、人々は、食べ物となる動物の活動が目立たなくなる、冬の時期を前に、お肉や野菜、果物などの保存食を作っていたと言われています。現在は、電化製品と言う文明が、人々の暮らしを支え、豊富な食べ物の保管を安易なものにしくれていますが、電化製品のなかった時代の人々は、ハムやベーコン、漬けもの、ピクルス、チーズ、バター、ヨーグルトなどを、各家庭で備蓄し、保存食として、食べ物のない季節を乗り越えていたようです。現代では、ハムやベーコン、漬けもの、ピクルス、チーズ、バター、ヨーグルトなども、工場で大量生産されるような時代となり、各個々の家庭全般では、手作りのハムやチーズヨーグルト・・・などの作り手は、姿を消していますが、保存食は、誰にでも作る事のできるものなのです。ですが、そこには様々な先人たちの知恵を拝借すうr必要があります。例えば、保存食を作る際、気候や温度は、大変重要なファクターとなってきます。湿度や温度によっては、食品を腐らせる微生物が活発になってしまい、保存食を作っている家庭で腐ってしまうからです。ですから、食べ物を腐らせる悪玉菌の微生物が、活発に活動できないような環境の中で、保存食を作るルールがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です