痛くない箇所も連動して動かす

整体における痛みのセルフケアでは、痛みが生じている箇所以外にも全身を連動して動かすことがとても大切であるように思います。極端な例かもしれませんが、ある患者さんが「肩が痛い」と訴えてご来院されました。その時に、肩とは程遠いふくらはぎを触ると「痛い」ととても痛そうにされました。その時、患者さんも感じたのでしょう。肩の痛みが驚くほど改善したのです。施した処置は「ここが痛いですよね」といって肩ではないふくらはぎのあたりを触っただけなのですがこれがとても効果があることでした。全身はつながっているので、痛みの根本が実際に痛みを感じる場所と離れているということは少なく無いと思います。

 体はすべてつながっているので痛ミを感じるところだけに痛みの原因があって、そこをほぐせば痛みが和らぐということばかりではないでしょう。痛みを訴えている患部に限って処置をするばかりでは改善しないことも少なくないのです。むしろ痛みを訴えている箇所をいたずらにいじることは、傷口を聞く行為だと言っても良いでしょう。

例えば、膝痛を訴えている患者さんがいらっしゃるとします。その患者さんには、まず足首を調整することを提案します。左右上下と動かしてみて、痛みが緩和するポジション、つまり「ゼロポジション」を探し出します。そういうことをしてから施術を始めると、直接膝をほぐすことなく膝痛が緩和することがほとんどであるように感じます。

ゼロポジションを見つけるときにも、痛みのある部位だけでなく、痛みを感じていな

いところも含めて体を動かしてみると良いでしょう。

首のケアをしたら、肩、腰、膝というように、ほかの部位もケアしていくのです。する

と、首の痛みがより緩和していくのが実感できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です