サプリメントの副作用と年齢のちがい

サプリメントは薬ではないので、副作用は無いと考えている人々もいるのではないかと思われますが、過剰に摂取したような場合に、副作用とみられるような症状が出る事があるようです。サプリメントを乱用することで出る症状ですので、ビタミン剤を飲んだ時に、尿が黄色くなるものとは異なります。サプリメントの製品の1日の摂取量を守っていれば、心配は無いとは思われますが、最近は、様々なサプリメントの飲み合せの懸念もあげられていますので、サプリメントを複数使用するような場合は特に、主治医や専門家のアドバイスを受ける事も必要です。また、サプリメントは、年齢による摂取制限なども考えられますので、乳幼児や、成人に満たないような子どもたちが摂取する際には、注意が必要です。また、加齢とともにサプリメントの追加が必要なケースもあります。年齢とともに、必要な栄養素に目移りしてくる事もありありますが、サプリメントの基本となる栄養素は変化しません。基本となるベースに、その年齢や症状に合わせたプラスαを足したり、引き算したりする事で、オリジナルなサプリメニューが作成できます。何よりもベーシックな、栄養素が重要ですので、その点はきちんと、サプリメントを摂取する際の基礎知識として押さえておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です