ルテイン

ルテインというのはキサントフィルに分類されるそうです。クロロフィルという葉緑素とともに植物の葉や花に含まれているそうです。色を示す成分だそうです。ルテインというのは、植物の緑葉、黄色花の花弁や果実、卵黄など、広く分布するカロテノイドだそうです。ビタミンAには変換されないそうです。ほうれん草、ケール、とうもろこし、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれているそうです。植物が光合成を行うときに必要な色素だそうです。からだの中ではカロテノイドの仲間であるゼアキサンチンとともに網膜の中の黄斑部に多く存在しているそうです。黄斑の健康を保っている物質だそうです。網膜の黄斑部に太陽光線やパソコンのモニター、テレビ、蛍光管などからの青色光、ブルーライトが当たると活性酸素が発生するそうです。活性酸素は黄斑部の脂質を酸化させて、視力を低下させるそうです。ルテインというのはこのブルーライトリスクを予防するそうです。食事からルティンを摂取すると、白内障、加齢黄斑変性の発生リスクが低減すると認められているそうです。ルテインは、青色光を吸収するということと、抗酸化作用を発揮するということで、黄斑部の酸化を防いでくれるそうです。黄斑部変性症の予防やその症状の緩和に用いられることがあるそうです。近視や乱視を含めて、目の病気というのは活性酸素による光老化が原因と考えられているそうです。ルテインは白内障にも効果があるとみられているそうです。ブルーベリーというのも目の健康に良いと言われていますが、働きや特徴が違うそうです。目のためには両方を摂るようにしたらよいそうです。白内障も水晶体内のタンパク質の老化だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です